短期間の利用で有ればキャッシングは安全です

キャッシングはどうしても昔のイメージから高金利で有ると誤解されていますが、今では利息制限法の範囲内の金利と定められていて、貸し出す元本により金利の高さは違いますが最高でも20%の金利です。
実際の運用としては上限金利より低く貸し出されていますので、もっと低い金利でお金を借りる事が出来ます。
それにキャッシングの金利は日割りなので、短い期間で返済すればとても低い金利負担でお金を借りる事が出来ます。
返済に関しても専用のATMを利用すれば手数料はかかりませんし、同じ系列の銀行のATMの利用でも手数料がかからずに返済できるようになっています。
金銭的に余裕が無い時は最低金額を返済し、余裕がある時はなるべく完済するようにするのが基本行動といえますが、まさしくキャッシングは借り入れも返済も計画的に行えばとても安全な資金調達法です。
返済までの期間にかかる利息をシミュレーションして、生活を律することが必要な借り入れといえます。
コンビニキャッシングについてはコンビニキャッシングCC153