なかなか本業にできなくて

私は文章の執筆で生計を立てたいと思い、かつて舞台作家として活動していたことがあります。実際に給料をいただくことはあったのですが、お芝居が好きな反面商業演劇に関してで言えば自分の書きたいものよりも商業的に効果があるかどうかが最重要視されますので、その環境が肌に合わないと思いやめてしまいました。 そこで現在はWebライターの仕事をいただけるようになりましたのでそちらで活動することにしました。 ですがコチラはこちらで書きたい内容を書けるという環境は非常に嬉しいのですが、月給制ではなく出来合い制であることを考えると収入が安定せず、まだまだ今の実力では生業と呼ぶことはできないと、自分の甘さに嘆いてしまいます。自動車保険の相場 それでも私の文章を誰かが必要としてくれるのであれば、私は書き続けますし、そうした積み重ねがいつしかキャリアとして認めてもらえるのであれば、私は今の仕事はこのまま続けていきたいと考えています。将来的には自分の家に自分のオフィスを構えたいと思っています。