「付き合って」が言える雰囲気

聞き分けのないことばかり言われそうな「ギャル系と言われる女」は男たちに敬遠されることがしばしばある。「デートの会話も、振り回されるばっかりで、クタクタになる」という評判があるからである。
雰囲気のないところでは女性を口説くことができないような男性は察するに"男性性"がたりない。そうではなく"男性性"が強ければムードが足りなくても強気で攻められるし、女が男に寄ってくる。
男は、女性と上手にコミュニケーションをとるのがうまくできない動物。「ちょっかいを出す」動作を、無意識なのに選択してしまっているのがほとんど。実際のところ、意識せずにからかうことで気持ちを伝えるのがうまくできない女性との行き来が生まれるようになる。
意中のヒトと外出していて、隣に、相手との間にじゃまなバッグなどなんかをもし置く関係なら、残念ながらそれは拒絶感を表しています。未だに心は見せていない証明なのである。
自分の彼女にしたい相手ががっくりと落ち込んでいる場合はこちら側からはモノにしたい相手の心を勝ち取る好機!声の出し方をうまく使い分けろ!高い声は相手に元気を与え、低い声で話せば相手に安心感を与えます。
例えるなら結婚前提のお付き合いのような本当に長期にモテたいのなら、とてもやさしくて、すごく賢い、忠実、信頼のおけるとどめに思いやりもある偉大なパパのような人になりましょう。絶対に結婚できます!
(本来なら恋愛は)女性にとっては大切である生活の設計であるべきだ。男性に例えれば生涯をかける身につける専門なり職業なりを選別するくらい真面目な気持ちで相手となる男性を選ばなければならない。

http://48637.sblo.jp/